外反母趾 [その1]

外反母趾で問題なのは扁平足だから?

答え:日常生活で「足指に体重を乗せて歩いていない・立っていない」ことが問題です。
理由:足指に体重を乗せて歩いていない・立っていないということは、横アーチ筋や足指の筋力が低下(退化)するからです。

外反母趾と足の横アーチについて
もちろん、横アーチの崩れに伴い関係する靱帯も次第にゆるみますが、あくまで2次的なもので根本的な原因は横アーチ筋の低下(退化)です。

外反母趾の原因のうちの一つには『関節の軟らかさ』が挙げれていますが、外反母趾外来の7割以上の方は、第3関節が硬くてほとんど動かすことができません。
例え関節自体が軟らかくても、それを支える筋肉がしっかり働いていれば開張足や外反母趾にはならないのです。

つまり!
足の生活習慣を改善して横アーチ筋を効率よく強化すれば、外反母趾はゆるやかに改善します。

 

足の指を使って生活してみましょう

(1) 足指を動かしてみる
(2) 足指に体重を乗せて立ってみる
(3) 足指に体重を乗せて歩いてみる

次回は(1)足指を動かしてみる についてお話いたします。